Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ポンドドル、2度目の1.50割れで下落再開決定的…13年安値割れで単独売りも想定-03月16日(GBPUSD)

現在ポジション:スクエア ショート@1.4930(03/11約定)
ストップロス:N/A
イグジット:リミット買@1.4820(3/13成立)+110ポイント確定

現在ポジション:ショート@1.4760(03/13約定)
ストップロス:ストップ買@1.4845(03/16変更)
イグジット:リミット買@1.4525(3/16設定)

新規エントリー:N/A
ストップロス:N/A
イグジット:N/A

MEMO:ショートが決済となり、新規ショート開始

※エントリー(開始)及びストップ(損切)やイグジット(決済)のレートは最適と考えられるポイントとして1点を提示します。ご参照される場合、バジェット(当該取引に掛けられるリスク〈損失額〉)等に合わせて前後にコントロールされることをお勧めいたします。その際、ポジションやストップの成立タイミングは必ずしも当レポートとは一致しなくなる点をご了承ください。

週足チャート 最新チャートはこちら
プロスティックスチャート_GBPUSD週足_150316
先週レンジ:1.4698~1.5136

テクニカルコメント
前週の下落も400ポイント近く、意外感もあったが、先週は本年安値となる一番底を割り込んで400ポイント以上の下落となった。
本年に入り、先週までは底値揉み合いとなっていたことで、2週に渡るこの急落を経ても、転換線は1.5173に留まっている。ただ、安値を割り込んだことで、アヤの範囲は逸脱しており、下落再開の可能性は示唆された。加えて2013年中盤以降の上昇の起点となった1.48台序盤の安値を割り込んだ後も、戻りは限定的となっており、少なくとも上値が重い展開が予想される。ただ、モダルポイントは1.5060となり、少なくとも1.50以下の動きは薄く、アクティブレンジ下限となる1.48中盤程度の戻しはさほど難しくない様にも見える。
転換線、基準線共に受動的な下落は暫く期待できない事から、方向感を失った場合は安値揉み合いに突入する可能性は考慮しておきたい。
大雑把に次の下値目標は2010年安値の1.4228が視野に入るが、2002年に月足転換線が交差した1.44中盤、及び同年5月に付けた1.4570の強い月足モダルポイントはサポート候補であり、限が良い1.4500は一旦引っ掛かる水準ではあるだろう。

ファンダメンタルその他コメント
影を潜めていたBOE総裁が発言をし始めたが、利上げをちらつかせながらも目先のインフレ見通しは下方修正に迫られている。ポンドの急落は困るが、景気は悪くない事から通貨防衛的な利上げはいつでも発動できるといった意図も感じられた。
また対ユーロ相場が0.70の節目に迫ったあとの反発で、ポンドは下落で反応したのは予想の範囲だったが、現実となったことは意義深く、注目している。

日足チャート 最新チャートはこちら
プロスティックスチャート_GBPUSD日足_150316
前日レンジ:1.4698~1.4896

テクニカルコメント
11日に一番底を割り込んだ矢先の反発で目先のショートは切らされた印象もあり、市場のダメージはそれなりにあったのかもしれない。
再び1.50を割り込んだ以降の相場は利食いの買いも無く、週末には一気に1.47割れに至っている。終値は1.4739とアクティブレンジの下限付近で引けているが、続落懸念は高まっている。この下落で、転換線は1.4994と1.50以下の水準へと下落し、また基準線は受動的に雲の下に出られる地合いにも拘らず、自律的に雲の下限を割り込んできた。ただ、基準線は相場が下げ止まれば直ちに水平に出来る地合いは暫く継続することから、一旦安値割れを果たした相場の下落は緩慢になる可能性は考慮したい。

ファンダメンタルその他コメント
週足コメントにも記したが、対ユーロ相場の下落はユーロの暴落が主導していたのは明白で、ポンドが下げ止まる局面ではもしかするとポンド買いも見られていたのかもしれない。しかし、対ユーロ相場が反発した局面ではやはりユーロ買いは限定的となり、ポンド売りで調整される動きが鮮明となっている。もしここで対ユーロ相場が下落を再開してもポンドは揉み合う程度に収まりそうだ。相場は昨年のアイルランド独立騒動で作った反発がここまでの目安だったが、時間的に長引く中で手掛かりに欠いていた観もあった。しかし、2月の反発相場が新たな手掛かりとなった今、ポンド売りに安心感が在るのも確かだ。

ストラテジー
繰り返し、先日のストップを免れたのは相場観を継続でき、これまでの不運を相殺するに匹敵するラッキーだった。積み増せる地合いではないが、今少し相場の成行きを見守る余裕が出来た。金曜日の下落でショートが決済となり、ストップ売りで再びショートに入り直している。決済を1.4525に設定し、ストップを5ポイント引き上げてショートを堅持する。

※チャートで使用している一目均衡表に関して、注意事項がございます。

最新チャートを見る
ポンドドル日足 プロスティックスLIVEチャート
ポンドドル週足 プロスティックスLIVEチャート
ポンドドル月足 プロスティックスLIVEチャート
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロスティックス モダル・ポイント


プロスティックス・LIVEチャート
USDJPY日足 週足 月足    EURJPY日足 週足 月足
GBPJPY日足 週足 月足    AUDJPY日足 週足 月足
EURUSD日足 週足 月足   GBPUSD日足 週足 月足
AUDUSD日足 週足 月足   XAUUSD日足 週足 月足

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 2980

紹介文:月間購読は当該月の間、全通貨ペアの最新号をご覧いただけます。
個別のレポートは1通貨ペアに付き100円で最新号をご購読いただけます。なお、次号の掲載があり次第、限定公開記事となり、2営業日以降は一般公開されますのでご了承ください。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

Prosticksチャート説明



一目均衡表基礎講座 by 細田哲生 先生


全画面表示の際はプレーヤーの画質調整をお奨めします

広告【PR】


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:ニックネーム可
メール:返信希望先のアドレス
件名: (別件の場合は上書きしてください)
本文:

プロフィール

プロスティックス・ジャパン

Author:プロスティックス・ジャパン
特定商品販売法_141021
購入代金支払い方法詳細
http://help.fc2.com/fc2id/manual/Home/kounyu.html

簡単決済方法
http://help.fc2.com/fc2id/manual/Home/kounyu/kantan.html

閲覧動作環境
http://support.fc2.com/

プロスティックス.com社 英語版WEBサイト
http://www.prosticks.com.hk/index.asp

etvMEDIA・ジャパン社 WEBサイト
http://www.forextv.jp/Misc/index.php

当ブログは、プロスティックス・ジャパンがetvMEDIA・ジャパンに委託契約し、運用管理しています。

ブロマガ購読者向けメールフォーム

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。