Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ゴールドドル、大幅反発の怪…天井確認の動きと想定-11月10日(XAUUSD)

現在ポジション:ショートB@1179.00(10/31約定)
ストップロス:ストップ買B@1165(11/07成立)
イグジット:+14ドル確定

現在ポジション:ショートA@1149.00(11/06約定)
ストップロス:ストップ買A@1155.00(11/07成立)
イグジット:-6ドル確定

新規エントリー:リミット売@1195(11/07設定)
ストップロス:ストップ買@1205(11/07設定)
イグジット:OPEN

MEMO:ショートがスクエアになり戻り売り設定 
※エントリー(開始)及びストップ(損切)やイグジット(決済)のレートは最適と考えられるポイントとして1点を提示します。ご参照される場合、バジェット(当該取引に掛けられるリスク〈損失額〉)等に合わせて前後にコントロールされることをお勧めいたします。その際、ポジションやストップの成立タイミングは必ずしも当レポートとは一致しなくなる点をご了承ください。

週足チャート 最新チャートはこちら

プロスティックスチャートXAUUSD日足_141110

テクニカルコメント
週末の反発で、週足は見事なリバーサルパターンを作った印象は強い。ただし、目先には強いレジスタンスが控えており素直に買い相場で追随する局面でも無さそうだ。1180台前半のキーレベルは非常に意味がある点と、転換線が既に1195まで下げてきており、1200ドルの心理的節目の前に立ちふさがる。転換線、基準線共に暫く水平推移する可能性が出てきたが、先ずは1200を突破しない事には上昇を論じるまでも無い。

日足チャート 最新チャートはこちら
プロスティックスチャート_XAUUSD日足_141110

テクニカルコメント
金曜日は東京時間終盤に下値を切り下げた動きも意外だったが、雇用統計発表以降、上昇に歯止めが効かなかった動きは増して意外で、1174.7まで下落した転換線を越えたまま引けたのには驚きを隠せない。1180を割り込んで以降、戻りらしい戻りも無く、1130に迫る下落をしたこともあり、調整は致し方ないにしても、週足までもが陽転した上昇は不気味だ。半日で50ドル近い上昇は、余程の買いが持ち込まれないと有り得ないと思うが、例えば長期ポジションの手仕舞いが持ち込まれたという想定以外に、推測はしにくい。6月の急騰を考えた場合、各相場位置も反転しており根拠はあるが、今回はこれだけの反転を見せても何も影響は出ていない。3月以降の下落相場で出来た2本のサポートラインを割り込んで下落した10月末からの急落だったが、タイミングがやや早過ぎた面もあり、最初のトライは失敗に終わったというところだろう。
転換線は週明けには一段と下落するが、今となっては押し目の目安になる。先ずは1180台の攻防を見極めたいところだ。

ファンダメンタルその他コメント
ショートはあまり溜まっていないと判断した矢先の大幅急反発で驚きは隠せないが、金利、株価ともに金曜日の動きを見る限り、金相場が上昇に転じるとも想定しがたい。

ストラテジー
発表前は1140ドル辺りで推移している想定だったが、既に1150近い水準まで上昇しており、指標発表後の動きに委ねるしかなかった。結果的に積み増したショートが利益確定できないなど、大きなドローダウンとなってしまったが、指標前の下押しは戻されると判断した点や、最悪の事態を想定した点は正解だった。ポジションコントロールはかなり複雑になってしまったが、日次レポートの限界でもあり、相場に対峙出来た方々でればもう少しベターな対処は十分可能だったと思う。
今後だが、この大反発の影響は少なからず暫くは継続するだろう。1180台前半のキーレベルが突破された場合、ある程度の反発はあるかもしれないが、ドルが売り込まれる地合いではなく、ストップが掛かる程度だろう。既に大掛かりなハイ戻しは終わっており、その値幅も限定的だと推測する。
2013年4月のような暴落にならなかった点は残念だが、地道にショート戦略を模索したい。1198ドルで戻り売りの準備に入り、約定した際のストップを1215ドルに置くと共に1165ドルでは一旦決済としたい。

※チャートで使用している一目均衡表に関して、注意事項がございます。

最新チャートを見る
ゴールドドル日足 プロスティックスLIVEチャート
ゴールドドル週足 プロスティックスLIVEチャート
ゴールドドル月足 プロスティックスLIVEチャート
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロスティックス モダル・ポイント


プロスティックス・LIVEチャート
USDJPY日足 週足 月足    EURJPY日足 週足 月足
GBPJPY日足 週足 月足    AUDJPY日足 週足 月足
EURUSD日足 週足 月足   GBPUSD日足 週足 月足
AUDUSD日足 週足 月足   XAUUSD日足 週足 月足

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 2980

紹介文:月間購読は当該月の間、全通貨ペアの最新号をご覧いただけます。
個別のレポートは1通貨ペアに付き100円で最新号をご購読いただけます。なお、次号の掲載があり次第、限定公開記事となり、2営業日以降は一般公開されますのでご了承ください。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

Prosticksチャート説明



一目均衡表基礎講座 by 細田哲生 先生


全画面表示の際はプレーヤーの画質調整をお奨めします

広告【PR】


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:ニックネーム可
メール:返信希望先のアドレス
件名: (別件の場合は上書きしてください)
本文:

プロフィール

プロスティックス・ジャパン

Author:プロスティックス・ジャパン
特定商品販売法_141021
購入代金支払い方法詳細
http://help.fc2.com/fc2id/manual/Home/kounyu.html

簡単決済方法
http://help.fc2.com/fc2id/manual/Home/kounyu/kantan.html

閲覧動作環境
http://support.fc2.com/

プロスティックス.com社 英語版WEBサイト
http://www.prosticks.com.hk/index.asp

etvMEDIA・ジャパン社 WEBサイト
http://www.forextv.jp/Misc/index.php

当ブログは、プロスティックス・ジャパンがetvMEDIA・ジャパンに委託契約し、運用管理しています。

ブロマガ購読者向けメールフォーム

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。