Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロスティックスのLIVEチャート、随時掲載のお知らせ

おはようございます。
天気予報では本年最高の暑さも予想される中、朝からギラギラした太陽が容赦なく照りつけています。

さて相場ですが、想定通り閑散としてきました。これではさすがにどうしようもないですね。少しずつですが、金曜日の調整が入っているようですが、月曜日の24時間をこなし、短期筋やモデル系は既にスクエアになっているかと思われ、増々動きにくい地合いになったかもしれません。

小動き相場を想定した時、実は2つの意味があると考えています。
1つは、昨日のように全く市場参加者の動意や興味が無い無気力な揉み合いであり、
今一つは、売り手と買い手がガップリ四つに組み土俵の真ん中でせめぎ合いながら隙を伺うような揉み合いです。

例え無気力な小動きだとしても、なぜその水準でこう着するのかといえば、その水準が売り手や買い手にとって、居心地が良いからに他ならないと思います。少しでも水準が変わってどちらかの居心地が悪くなれば、元に戻そうとしてくるでしょう。それも無い今の状態は、かなりニュートラルなのかもしれません。

一方、サポートやレジスタンスの正に境界線上でガップリ四つに揉み合っているとします。たとえば、今年7月22日にユーロドルが1.3500を割り込む前に、相場は数日間揉み合いました。これは1.3500にあった巨額な買いオーダー(という噂でした)と、売り下げようとした売り手が正にガップリ四つだった状態であり、バランスを失った瞬間、まさに浴びせ倒すように相場が売り崩されたという訳です。

モダル・ポイント


ところで、プロスティックスチャートには独特なモダル・ポイントという価格が表示されています。詳しい解説はまたの機会に委ねるとして、動画でも簡単に説明しているようにモダルポイントはその日で一番揉み合った価格として認識できます。説明では、その日に一番多く提示された価格としていますが、つまりは一番揉み合った価格であるのと同じ意味です。従って、モダルポイントを把握することで、過去の短期足チャートをイチイチ確認することなく、揉み合いという新たなチャートポイントを認識できます。
また揉み合いは通常、ある程度のレンジを伴いますが、それを一つの価格として表現することで、モダルポイントが近い水準で重なったり、数日間に及んで密集している価格および価格帯は、サポートやレジスタンスになりやすいという、特に変わった見方や考え方をする必要はありません。

依然として残る問題は、通常のサポートやレジスタンスと同じように、そのモダルポイントをどう活用するかで、結果は180度異なってきます。それは、前提通りサポートやレジスタンスとして機能するのか、それらを突破してブレークアウトするのかで、ロングやショートのPLは一気に逆転してしまうからです。それでも唯一言えることは、既存のサポートやレジスタンスの概念の他に、新たにモダルポイントという武器を持っていれば、その分だけ引出しが増えるという事です。

このブログサイトでは、段階的にプロスティックスのLIVEチャートを掲載することにしました。今日はまず、ドル円チャートをアップします。ストリーミングではない簡易チャートではありますが、Javaを使っていないので携帯端末でもご覧いただけるはずで?、きっと少しでもご覧の皆様のお役に立てると信じています。
先日新設したモダルポイントのパーツ(右カラム最上段)の下にリンクを設定しましたので、随時ご覧ください。

プロスティックス・ジャパン
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロスティックス モダル・ポイント


プロスティックス・LIVEチャート
USDJPY日足 週足 月足    EURJPY日足 週足 月足
GBPJPY日足 週足 月足    AUDJPY日足 週足 月足
EURUSD日足 週足 月足   GBPUSD日足 週足 月足
AUDUSD日足 週足 月足   XAUUSD日足 週足 月足

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 2980

紹介文:月間購読は当該月の間、全通貨ペアの最新号をご覧いただけます。
個別のレポートは1通貨ペアに付き100円で最新号をご購読いただけます。なお、次号の掲載があり次第、限定公開記事となり、2営業日以降は一般公開されますのでご了承ください。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

Prosticksチャート説明



一目均衡表基礎講座 by 細田哲生 先生


全画面表示の際はプレーヤーの画質調整をお奨めします

広告【PR】


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:ニックネーム可
メール:返信希望先のアドレス
件名: (別件の場合は上書きしてください)
本文:

プロフィール

プロスティックス・ジャパン

Author:プロスティックス・ジャパン
特定商品販売法_141021
購入代金支払い方法詳細
http://help.fc2.com/fc2id/manual/Home/kounyu.html

簡単決済方法
http://help.fc2.com/fc2id/manual/Home/kounyu/kantan.html

閲覧動作環境
http://support.fc2.com/

プロスティックス.com社 英語版WEBサイト
http://www.prosticks.com.hk/index.asp

etvMEDIA・ジャパン社 WEBサイト
http://www.forextv.jp/Misc/index.php

当ブログは、プロスティックス・ジャパンがetvMEDIA・ジャパンに委託契約し、運用管理しています。

ブロマガ購読者向けメールフォーム

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。